私立幼稚園とは

笑顔、怒り顔、泣き顔、真顔いっぱい!

学校教育は幼稚園からはじまります

 学校というと小学校からと思われがちですが、幼稚園は学校教育法に基づく「学校」です。満3歳から小学校入学前までの子どもの幼児教育を行う「学校」が幼稚園です。

幼稚園は(満)3歳から

 3歳になる頃には、人やものへの興味・関心を深め、好奇心旺盛になります。それは、親への全面的な依存から、精神的な自立に向かいはじめる姿なのです。

 この幼児期の自然な成長・発達のため、同年代の子ども集団での保育を通して、様々な人やものに出会い、いろいろな出来事を経験し、友達の良さや生活習慣の確立、善悪の判断、自我、自立心、道徳性の芽生え、協同性、学びの芽生えなどを、伸ばしていくところが幼稚園です。

幼稚園での「遊び」はとても大事な「学び」

 幼児はいろいろなものに興味を示し、思いのままに行動するのが本来の姿です。しかし、幼稚園での集団生活では、「友だち」の存在が大きな「教育力」となります。友だちとの競争、衝突、けんか、トラブルなども当然経験します。集団生活で仲良く過ごすため、みんなで気持ちよく暮らすためのルールも存在します。

 家庭や親から離れた幼稚園の集団生活で、幼児は友達という他者とのかかわりを持ち、ルールの必要性や守ることの大切さや他者を思いやるこころ、協調性を身につけていきます。

 幼稚園での「遊び」は、実は「学び」です。「遊び」を通して、生きていく力の根幹となる、人を思いやるやさしさ、どんなことがあっても自分で頑張る、たくましさ、自立心、自主性、やる気を身に付けるのです。

 人間性の土台作りとして、幼稚園教育は、将来にわたって使っていく「社会力」や「学ぶ力」など「生きる力」を身につけるため、幼児の発達に即した教育です。

幼児にとって大切な豊かな経験

 幼稚園では、「生きる力」を培うことを目標に「遊び」を大切にした教育を行っています。幼児は、時の経つのも忘れ、無我夢中になって遊ぶことで、集中力、探究心、理解力、創造性を養い、と同時に、失敗したり、傷ついたり、悩んだり、試行錯誤しながらやり遂げる等、様々な思いを経験します。

 このような幼稚園で一人ひとりの子どもの内面に蓄えられたものは、心の貴重な礎となり、成長とともに、時折、その礎を紐解きながら、紆余曲折を経て、ひとりの人間として、社会人として成長していきます。

 幼稚園では、子どもが秘めている成長する力を、さらに伸ばしていけるように、遊びの延長線上にある、様々な活動を展開させています。幼稚園での教育内容には、様々な小学校以降の学習における芽生えが含まれ、それらについて互いに関連をもたせて、つなぎ、しっかりした学習の芽に育てていきます。そしてそれは、小学校教育でまとまりのあるものとなっていくものになるのです。

 私立幼稚園においては、各幼稚園で、私立ならではの、個性的な、特色のある、教育理念、教育方針で、 教育活動が行われています。

兵庫県知事選挙

幼稚園・保育園合同就職フェア2017in兵庫

加盟幼稚園を検索

就職情報

預かり保育

リンク集

このページの先頭へ